最近の記事
検索ボックス
 

2013年12月09日

草津市・国重文本殿のある「新宮神社(野路神社)」のご紹介!!

12月9日(月)とても寒い朝、そろそろ大掃除、煤払いの時期になりました。わーい(嬉しい顔)
毎年予定はたててみるのですが、いざとなるといい加減なところで終わってしまい満足いくまで出来たためしがありません。今年もまたそんな予感がしています。
131209_uma1.jpg 131209_hana1.jpg

羽衣を隠したあたり煤払ひ(三田陽子)

草津市・国重文本殿のある「新宮神社(野路神社)」のご紹介です。
kusatsushingu_top1.jpgkusatsushingu_top2.jpg

kusatsushingu_top3.jpgkusatsushingu_top4.jpg

【本店ショップのご案内】
自然を楽しもう!を合言葉に、普段使いにも便利で楽しいアウトドア雑貨をたくさん掲載しています。ぜひご利用下さい!
(商店名をクリックするとページが開きます)
アウトドア雑貨のOnline Shop grove
アウトドア雑貨のGROVE-eshop.com

※本店2店では多少ラインナップが異なります。お好みでご利用ください。

新宮神社(野路神社)
住所:草津市草津市野路町1674
本祭神:事解男命・速玉男命
創建:729年〜766年(天平年間)
開基:行基
国指定重文 本殿:1523年(大永3)蟇股の内部彫刻は、「波と雲」と「牡丹(ぼたん)」、「桐文(きりもん)」をあしらったもの。

その他拝殿
境内の脇には鎌倉道・東海道につながる「おかさん道」と呼ばれる森に囲まれた静かな小道があります。
本殿は重要文化財に指定され、水門は膳所城の二の丸水門を移築した歴史と由緒ある神社です。昔から新宮神社は野路神社とも呼ばれ、野路の守り神と言われています。
訪ねた日:2013年12月1日(日)

くつ「浄徳寺」を訪ねた後、すぐそばの「新宮神社」を訪ねました。
kusatsushingu_1.jpg kusatsushingu_2.jpg
神社からは何か音楽と子供の声のようなものがきこえていましたので、また行事に出くわしてしまったかなと思いましたが、鳥居前に来るとお参りの方が帰られる所で静かでした。
音楽や声は神社の南の会館のようなコンクリートの建物の中からのようでした。
本殿が国重文というので訪ねたのですが拝殿と本殿の間に仮屋根がしてありまるで本殿の姿が見られません。
exclamation&question拝殿も中々趣がありましたがどうしてこのような屋根が出来たのでしょう。
kusatsushingu_3.jpg kusatsushingu_4.jpg
kusatsushingu_5.jpg kusatsushingu_6.jpg
kusatsushingu_7.jpg kusatsushingu_8.jpg
kusatsushingu_9.jpg kusatsushingu_10.jpg
行事の時に道具が濡れるといけないのでテントではなく常設した屋根を造ってしまわれたのかもしれません。
それにしても無粋な仮屋根には驚きました。残念でした。

byニコちゃんでした。わーい(嬉しい顔)

「新宮神社」は下記です。
posted by ぐろぶ at 09:11| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 滋賀の山や見所など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。