最近の記事
検索ボックス
 

2013年11月13日

西宮市仁川百合野町「仁川百野町地すべり資料館」のご紹介!!

11月13日(水)寒い朝、早田川で鴨が沢山見られます。わーい(嬉しい顔)
ところが鴨のグループが突然喧嘩を始めました。あちこちで鴨の泳ぐのを見たことはありますが、ケンカをするところは始めててす。鴨にも縄張りがあるのでしょうか?
131112_kamo6.jpg 131108_hana8.jpg

西吹ばひがしにたまる落葉かな(与謝蕪村)

西宮市仁川百合野町「仁川百野町地すべり資料館」のご紹介です。
阪神淡路大震災の痕跡です。

【本店ショップのご案内】
自然を楽しもう!を合言葉に、普段使いにも便利で楽しいアウトドア雑貨をたくさん掲載しています。ぜひご利用下さい!
(商店名をクリックするとページが開きます)
アウトドア雑貨のOnline Shop grove
アウトドア雑貨のGROVE-eshop.com

※本店2店では多少ラインナップが異なります。お好みでご利用ください。

仁川百合野町地すべり資料館
住所:西宮市仁川百合野10-1
電話:0798-51-5904
開館時間:10:00〜16:00
休館日:月・木曜日、年末年始
入館料:無料
交通:阪急「仁川」駅から仁川沿いを上流に向かって徒歩約20分(約1.6km)
駐車場はありません
本阪神・淡路大震災によって発生した土砂災害のうち、最も大きな被害が出たのが仁川百合野地区です。地すべりの規模は、幅約100m、長さ約100mで、深さ15m、移動土塊は約10万m3に達し、崩壊土砂は、二級河川仁川を埋塞するとともに、家屋13戸を押しつぶし、34名の人命を奪いました。この資料館には、阪神・淡路大震災の経験から自然の恐ろしさと土砂災害のしくみを学ぶためのビデオや写真、また、地すべり対策工事のしくみがわかるジオラマ模型などを設置しています。
訪ねた日:2013年11月2日(土)

くつ西宮市の甲山森林公園を抜けてここに下りてきました。
nigawa_1.jpg nigawa_2.jpg
地図上では不明だった道はこの地すべりの為の施設が管理している斜面の為でした。
甲山森林公園東、関西学院大学北の一角、仁川に沿った百合野地区では阪神淡路大地震の時に大掛かりな地すべりが起こり家屋13棟を押し潰し34名の方がお亡くなりになったとのことです。
ふらふら阪神淡路大震災では余りに犠牲になった方が多く仁川の地すべり被害については余り知りませんでした。
岐阜あたりの報道では聴きもしなかったような気がします。
西宮でも被害があった、宝塚でも被害があった、などとニュースでは言っていましたが目で確かめてみるには至らず、この日初めて認識したのです。
家館内では現在、この地すべりの跡地に対策事業として水抜きのポールが打ち込まれた様子などを模型で見る事が出来ます。館内の窓からその斜面を見ながら模型と照らしてみるとよく解ります。
nigawa_4.jpg nigawa_5.jpg
nigawa_3.jpg nigawa_6.jpg
もうやだ〜(悲しい顔)崩れたのは仁川の右岸斜面で幅100m、長さ100m、10万㎥の土砂が仁川を埋め家屋を押しつぶした、早朝の出来事でまだ皆さんご自宅におられた時間、被害が大きかったようです。
今もなお仁川の左岸の切り立つ崖には住宅が並んでいます。二度とこのような災害がおきなければいいけれどと心配しながら帰路につきました。

byニコちゃんでした。わーい(嬉しい顔)

「仁川百合野町地すべり資料館」は下記です。
posted by ぐろぶ at 08:02| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西の山や見所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。