最近の記事
検索ボックス
 

2012年10月17日

氷見・高岡-氷見の海鮮丼-のご紹介!!

氷見・高岡-氷見の海鮮丼-
2012年9月17日(月)


雨晴海岸をのんびり散策した後、一路、氷見まで行ってみることにしました。
ちょうど、お昼ご飯の時間にさしかかっており、ここは氷見の海鮮を!というわけです。
20分も走らないうちに、氷見の海鮮館という標識が見えてきました。どうやら、氷見の海岸にある物産館のようです。
氷見・海鮮館 フィッシャーマンズ・ワーフは、前に一度来たことがあるようなのですが、あまり記憶にありませんでした。
kaisen_1.jpg
氷見港に隣接する物産館で、中では新鮮な魚や干物などが販売されていました・・・が、しかし。
入ってみると、中はガラーンとしています。がく〜(落胆した顔)
exclamation&question???
訪れる人たちは皆、あれ?という感じ。
扉の張り紙を読んでみると、なんとこの週末で海鮮館は終了し新しい施設が出来るということだったのです!
新しい施設は、海鮮館からすぐのところに既に建物は出来ていて「ひみ番屋街」としてオープンする準備をしていました。

2012年10月現在は、オープンしています!
ひみ番屋街ホームページ


というわけで、営業しているのは、干物や缶詰などの加工販売店がばかりでした。
食べ物やさんも一軒で、海鮮丼はメニューに見当たらなかったので、どーしようかー?という感じでした。
そんなわけで、とりあえず、ぷらぷらしてみることにすると、、、
港から商店街のほうへ抜ける道の角に、「海鮮丼専門店」の文字が!!
とりあえず、中をのぞいてみると、4つのメニューが見えました。
kaisen_2.jpg
exclamation×2全て、海鮮丼のメニュー!
exclamation私たちにとってはちょっと値段が高いですが、氷見で海鮮を食べずに帰るわけには行きません!
海鮮丼専門店「やま木」さん。

食券式で、入り口で購入します。「海鮮丼 1,680円」と「ミニ海鮮丼 1,380円」を頼みました。
kaisen_don_1.jpg
kaisen_don_2.jpg kaisen_don_3.jpg
他にも、特上海鮮丼やサーモンいくら丼があります!どれも美味しそうでしたが、やっぱり海鮮丼が一番人気のようでした!
ミニ海鮮丼と海鮮丼の違いは、トッピングのいくらが付いているかどうか、の違いくらいで丼自体はほとんど違わないようでした。
お味噌汁もカニのお味噌汁で、あっと言う間にぺろりと完食。
黒ハート東海北陸道の開通で岐阜にも新鮮な海鮮が前よりもずっと早く届くようになっているとは思いますが、やっぱり地元で食べる海鮮丼は美味しいですね!
お腹がいっぱいになったところで、いよいよ高岡市の観光に繰り出します!
るんるんちなみに、氷見は忍者ハットリくんの生みの親・藤子不二雄Ⓐで知られる安孫子素雄氏の生誕地として知られています。そのため、忍者ハットリくんに逢える街、ということであちこちでハットリくんのキャラクターがお出迎えしてくれました^^
kaisen-hatori_1.jpg kaisen-hatori_2.jpg
ひみ番屋街とあわせて、のんびり散策するのも楽しそうだなぁと思います。

氷見市比美町商店街:ホームページ

(店長)かわいい

【本店ショップのご案内】
自然を楽しもう!を合言葉に、普段使いにも便利で楽しいアウトドア雑貨をたくさん掲載しています。ぜひご利用下さい!
(商店名をクリックするとページが開きます)
アウトドア雑貨のOnline Shop grove
アウトドア雑貨のGROVE-eshop.com

※本店2店では多少ラインナップが異なります。お好みでご利用ください。
ラベル:氷見 海鮮丼
posted by ぐろぶ at 07:54| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸の山や見どころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。