最近の記事
検索ボックス
 

2012年06月05日

大野市・国天然記念物「本願清水イトヨの里」のご紹介!!

6月6日(火)梅雨になるのかならないのか6月の空は恨めしい気がします。わーい(嬉しい顔)
気候だけではなく大変危険な原発再稼働の動き、消費税増税の動き。国民の願いをことごとく踏みにじる政府。その事が余計にうつとおしい季節にしています。
雨の中、鬼平犯科帳の長谷川平蔵(中村吉衛門)のように格好よく番傘をさして、悪を懲らしめてくれる人はいないかしらなんて思いながら夜のDVDの楽しみです。
120604_hana5.jpg 120604_hana6.jpg

梅雨の日の 言葉少なく 暮れにけり (木島 欽子)

今日は大野市・国天然記念物「本願清水イトヨの里」のご紹介です。
itoyo_top1.jpgitoyo_top2.jpg

【本店ショップのご案内】
自然を楽しもう!を合言葉に、普段使いにも便利で楽しいアウトドア雑貨をたくさん掲載しています。ぜひご利用下さい!
(商店名をクリックするとページが開きます)
アウトドア雑貨のOnline Shop grove
アウトドア雑貨のGROVE-eshop.com

※本店2店では多少ラインナップが異なります。お好みでご利用ください。

国の天然記念物「本願清水・イトヨの里」
住所:大野市糸魚町8-44
電話:0779-65-5104
本福井県大野市糸魚町の 本願清水 は、淡水型(陸封型)イトヨ生息地の南限として、昭和9年(1934年)5月1日に国の天然記念物に指定されました。
この天然記念物「本願清水イトヨ生息地」を、市の貴重な財産として保護及び活用することにより、大野の水文化を発展継承するため、平成13年7月14日 本願清水イトヨの里 が開館しました。
福島県以南の陸封型イトヨは、環境省指定絶滅危惧種 LPに分類されます。
また、市はイトヨを平成17年11月7日に市の魚 に選定しました。
イトヨの里:拝観料 200円
訪ねた日:2011年5月19日(土)

イトヨが生息するというので立ち寄りました。
もうやだ〜(悲しい顔)滋賀県・醒ヶ井のハリヨがイトヨと一緒になってハリヨでなくなってしまったという事が心に引っ掛かっています。

イトヨ(糸魚):
トゲウオ科の淡水産の硬骨魚。全長4〜5cmの小魚。
背びれの3本の棘と体側の鱗板が特徴。雄は川底に水草などで巣を作り、雌の産卵後、卵と仔魚を守って育てる。北日本産。棘魚。(広辞苑より)


ハリヨについては広辞苑には掲載されていませんでした。ウィキによればやはり醒ヶ井(米原市)の津屋川の湧水に生息していたハリヨは人為的に放たれたイトヨによって絶滅してしまったようです。
イトヨは回遊魚で強いのでしょう、ハリヨはただそこでのみ生き、水温が20度を越えたらもう生きられない魚、隔離していたものが生息として残っているだけのようです。岐阜では養老山地からの湧水で何ヶ所かハリヨの生きている場所がありますが、イトヨのように泳ぐ姿は肉眼で捕えにくいです。
itoyo_1.jpg itoyo_2.jpg itoyo_3.jpg itoyo_4.jpg
黒ハートここではイトヨがとてもゆうゆうと泳ぎカメラで捉えられたのには嬉しい事でした。
itoyo_5.jpg itoyo_6.jpg itoyo_7.jpg itoyo_10.jpg itoyo_8.jpg itoyo_9.jpg
子供たちがイトヨの里の建物の周りでワイワイやって遊んでいましたが、遊ぶのはいいけれど汚さないように心配でなりませんでした。子供にとってイトヨの生息がそれほど貴重であるという概念はないでしょう。しっかり学習して守って行ってほしいものです。

byニコちゃんでした。わーい(嬉しい顔)

国天然記念物「イトヨの里」は下記です。




posted by ぐろぶ at 08:52| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸の山や見どころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。