最近の記事
検索ボックス
 

2012年04月26日

京都市「京都府立堂本印象美術館」のご紹介!!

4月26日(木)ウクライナのチェリノブイリの原子力発電所の事故から今日で26年になります。わーい(嬉しい顔)
1986年のこの事故の時の記憶はもう曖昧になってしまっていますが日本でも放射能が降ってくるという事で雨に濡れてはいけないなどと警戒したように記憶しています。
福島の事故ではそういったことが「風評被害」ということなのか全然喚起されず、安全であるかのような真逆の報道が多いように思います。
またマスメディでは一定の報道自粛がされているかのように真実らしき報道も少なく、かえって国民の不安がジワジワ沁みてきている気がします。
ふらふら日本は果たしてこの政府の基で本当に再生できるのか、再生するためにはどうしても政府が主導しなくてはならないのに、国民のボランテァ的なご自主性(?)を利用し、それに任せているような気がしてなりません。もう私自身の気持ちは最悪な毎日です。
それでも、日々通勤途中の花は美しく咲き、今まさにチューリップが満開で本当に様々な彩で楽しんでいます。
元々は中央アジア原産で十九世紀頃からオランダで改良が繰り返されて今のような様々な色合いの花が咲くようになったようです。六弁鐘形の大きめの花びら、何でもサラダで食する事もできるというお話、本当でしょうか、見たことはありません。
120426_hana2.jpg 120425_hana10.jpg 120424_hana5.jpg 120425_hana14.jpg

チューリップ 額に感じ 朝の事務 (田村 稲青)

さて、今日は京都市「京都府立堂本印象美術館」のご紹介です。
domoto_top1.jpgdomoto_top2.jpg

domoto_top3.jpgdomoto_top4.jpg


【本店ショップのご案内】
自然を楽しもう!を合言葉に、普段使いにも便利で楽しいアウトドア雑貨をたくさん掲載しています。ぜひご利用下さい!
(商店名をクリックするとページが開きます)
アウトドア雑貨のOnline Shop grove
アウトドア雑貨のGROVE-eshop.com

※本店2店では多少ラインナップが異なります。お好みでご利用ください。

京都府立堂本印象美術館
住所:京都市北区平野上柳町26-3上柳町26-3
電話:075-463-0007
休館日:月曜日(休日の場合はその翌日) 及び 年末年始(12/28から1/4)
※但し、展示替えなどで臨時休館することがあります。
開館時間 :午前 9時30分→午後5時(入館は閉館30分前まで)
入館料: 一般500円 高大生400円 小中生200円
※65歳以上の方(年令の確認できる証明等を提示)、身体障害者手帳等をお持ちの方等は、無料となります。
ホームページから
豊かな歴史と自然に溢れる金閣寺から龍安寺、仁和寺に至る「きぬかけの路」に立地する近代日本画の大家 堂本印象(1891〜1975)の美術館。
印象は生涯多くの作品を遺したが、その作風は伝統的な日本画から抽象画に至るまで華麗な変遷を辿り、日本画壇に強烈な刺激を与え続けた。
昭和41年に建てられた美術館は内装外装すべてが印象自身の意匠により彩られている。
訪ねた日:2012年4月6日(金)

山猫軒でランチをした後、立命館大学前の信号を渡ると白くてデザインの目立つ美術館に向かいました。
入場料500円を支払い入場します。拝観のお客さんはチラホラです。
domoto_5.jpg domoto_2.jpg
がく〜(落胆した顔)壁画のステンドガラスが並んでいてビックリしました。実はこの日まで単に日本画家で襖絵などが有名くらいの知識しかありませんでした。
大正時代に帝展初出展「深草」など日本画に交じり、戦後の抽象画や「大阪カテドラル聖マリア大聖堂」など障壁画の下絵が並んでいました。障壁画は下絵のみで全体が分かりませんので本来ならそこまででかけて本物をみてからでないと何とも言えないところです。
東福寺、東寺、信貴山成福院、醍醐寺三宝院、智積院、苔寺、法然院・・・・・有名な寺院の名が並びます。また岐阜市の鏡島弘法にも描かれているようです。
exclamation下絵を見るかぎりかなり進んだ抽象画で、書からインスピレーションするような墨が躍るようなものから、脳がぐるぐる廻るようなサイケデリック(?)のような絵もあり書かれた表題は宗教的でありながら現代的なデザイン画にも思えるものでした。
もっと具象的な絵画を想像していた私は全く不勉強でした。もう一度出直さなくてはなりません。
少し意気消沈しながら3階のサロンで休憩しました。
黒ハートフカフカのソファーに深く腰を落とし、休みます。窓からは京都の町が、そして目の下には旧堂本印象画伯邸、茶室を見ることが出来ました。
domoto_3.jpg domoto_4.jpg

byニコちゃんでした。わーい(嬉しい顔)

「堂本印象美術館」は下記です。

posted by ぐろぶ at 08:51| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西の山や見所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。