最近の記事
検索ボックス
 

2012年02月20日

岐阜市・百々ヶ峰(どどがみね)登山「長良古津〜長良志段見のコース」のご紹介!!

2月20日(月)快晴の空、寒さは身にこたえますが、それでも徐々に温かさも感じる週末でした。わーい(嬉しい顔)
120220_hana1.jpg 120220_hana3.jpg

ふるさとの山に向ひて言ふことなし ふるさとの山はありがたきかな (石川 啄木)

今日は岐阜市・百々ヶ峰(どどがみね)登山「長良古津〜長良志段見のコース」のご紹介です。
まず下記ルートから「大蔵山トンネル横〜百々ヶ峰頂上まで」
くつ歩いたコース
長良古津「大蔵山トンネル口」(8:48)・・・樫洞山峰1000mの看板口・・・「←坊ヶ洞山峰580m・大蔵山トンネル1000m→」「鉄塔案内←NO20・NO21→」・・・アンテナ(9:24)・・・「←坊ヶ洞山峰580m・大蔵山トンネル1000m→」「鉄塔案内←NO20・NO21→」・・・登山口・・・鉄塔NO20ベンチ(9:46)・・・舗装林道・・・芝生広場口・・・芝生広場(10:23)・・・舗装林道・・・頂上口・・・百々ヶ峰417.9m(10:54)・・・松尾池西尾根コース・・・・松尾池南林道口(11.36)・・・鵜飼屋バス停(12:31)
歩いた歩数:21213歩(下山口までは14249歩)
歩いた距離:14.9km
歩いた時間:3時間43分
furutu_top1.jpgfurutu_top2.jpg
※鉄塔NO20ベンチ

【本店ショップのご案内】
自然を楽しもう!を合言葉に、普段使いにも便利で楽しいアウトドア雑貨をたくさん掲載しています。ぜひご利用下さい!
(商店名をクリックするとページが開きます)
アウトドア雑貨のOnline Shop grove
アウトドア雑貨のGROVE-eshop.com

※本店2店では多少ラインナップが異なります。お好みでご利用ください。

百々ヶ峰(どどがみね)
長良古津・大蔵山トンネル口〜長良志段見・松尾池西南のコース
歩いたコース
長良古津「大倉山トンネル口」(8:48)・・・樫洞山峰1000mの看板口・・・「←坊ヶ洞山峰580m・大蔵山トンネル1000m→」「鉄塔案内←NO20・NO21→」・・・アンテナ(9:24)・・・「←坊ヶ洞山峰580m・大蔵山トンネル1000m→」「鉄塔案内←NO20・NO21→」・・・登山口・・・鉄塔NO20ベンチ(9:46)・・・舗装林道・・・芝生広場口・・・芝生広場(10:23)・・・舗装林道・・・頂上口・・・百々ヶ峰417.9m(10:54)・・・松尾池西尾根コース・・・・松尾池南林道口(11.36)・・・鵜飼屋バス停
歩いた歩数:21213歩(下山口までは14249歩)
歩いた距離:14.9km
歩いた時間:3時間43分
歩いた日:2012年2月12日(日)

「大蔵山トンネル横〜百々ヶ峰頂上まで」
今回久しぶりに余裕のある日曜日になり、ふらりと「大蔵山194mから歩いて岐山高校へおりよう」と思い立ち出かけました。
小雪が舞ってはいましたがおおむね晴れの予報です。一応レインコート傘など詰め込んででかけました。大蔵山トンネルまでは車で送ってもらいます。
furutu_1.jpg furutu_3.jpg
右斜め上時間は8時48分です。さっそく初めての山道に入ります。気持ちは大変踊っています。時々小雪が連続したのでレインコートを着用します。ブクブクの服装です。
furutu_2.jpg furutu_4.jpg
登りばかり続くので途中でまた、一枚脱いだりします。私にしては珍しい事です。入り口にあった「樫洞山峰」がネットで調べても出てこないので少し気持ちが悪い、でも「大蔵山」は表示に無くても地図では載っているのできっと解るということで登って行きます。
振り返ると東海自然歩道・松尾池方面への工事が「小島山トンネル工事」であることが分かりました。「またトンネル?どこへ出るの?」どうも、このトンネル工事はどうも大蔵山トンネルと一体で番場山も通るトンネルらしい。「コンクリート工事会社にご奉仕、ご奉仕」と余念がない政治、経済効果なんてどこに感じられます???
「←坊ヶ洞山峰580m・大蔵山トンネル1000m→」の案内看板に突き当たります。大蔵山トンネルから来たのですが坊ヶ洞山峰は後で行く予定です。この看板の後ろに鉄塔案内で「←NO20・NO21→」がありました。迷わずNO21へ向かいます。
furutu_5.jpg furutu_6.jpg furutu_7.jpg furutu_8.jpg furutu_9.jpg furutu_10.jpg
右斜め上道は一度に狭くなります。中電の方などはここを機材を持って歩かれると思うとなんだか自分が情けなくなります。踏み跡はしっかりありますが狭いので気を付けながら登りますがあったのは、アンテナでした。

アンテナ(9:24)
少し広場があり周りを見回すと結構あちこちが見えます。
furutu_11.jpg furutu_12.jpg
ゆっくりするには寒いのでさて大蔵山はどちらだ?グルっと広場を廻ってみますが今来た道しかありません。仕方なくもどろうとすると加野方面へ鉄塔NO22への案内があります。{?こちらではないな}がく〜(落胆した顔)
もう今回は諦めT字までもどります。(大蔵山の正解はこのNO22への途中にあったようです。)
さてここから坊ヶ洞山峰方面へ向かいます。すぐに右手に「テレビ中継所 登山口」とありました。さっそくそちらへ登って行きました。気持ちの良い道です。
furutu_13.jpg furutu_14.jpg furutu_15.jpg furutu_16.jpg

鉄塔NO20・ベンチ(9:46)
ここにはベンチが置かれ南面が大きく開き展望がありました。
ベンチで一休みしようとしたところNHKアンテナ方面からがやがやという声と共にグループの方がやってこられました。ベンチは1個なのでお先に失礼して出発します。
furutu_17.jpg furutu_18.jpg furutu_19.jpg furutu_20.jpg
くつ西に向かって気持ちの良い道をドンドンいきます。雪も止んでレインコートはもう脱いでいました。左手から登山道が上がってきていました。前回舗装道路を歩いた時に出てきていた遊歩道登山口からの道と思われました。
exclamation目の前に右手・登山道、左手・木の階段が現れ、何も躊躇せず階段を50段ほどを登ると、ビックリ!前回歩いた舗装道路に出てしまいました。失敗しました。
furutu_21.jpg furutu_22.jpg furutu_23.jpg furutu_24.jpg furutu_25.jpg furutu_26.jpg
階段を戻り引き返せばよかったのですがそこへ舗装道路を歩いて来られた何人かの方が看板をみるため来られたりして、なんだか戻るのも恥ずかしく(?)そのまま知らんぷりして舗装道路で歩きました。内心では失敗、失敗といった気持ちでした。ふらふら
くつそこから芝生広場入り口まではとても長く感じクヨクヨしながらの歩行、気持ちの切り替えがなかなか出来ませんでした。
芝生広場への看板からは意気揚々と遊歩道に入り歩きます。お逢いしたのは下りてこられた方お一人でした。
furutu_27.jpg furutu_28.jpg furutu_29.jpg furutu_30.jpg

芝生広場(10:23)
丸坊主の芝生のない芝生広場です。前回は白山展望地のほうから来て寄ったのですが、風が吹きとても怖かったことを思い出しました。この日も真ん中のベンチから中々淵へは寄れない感じです。前回この今回来た古津方面からの道がどうして見つけることが出来なかったのかどう考えても不思議です。この南側まで歩いてみたはずなのに・・・・これでやれやれ繋がりました。わーい(嬉しい顔)
furutu_31.jpg furutu_32.jpg furutu_33.jpg furutu_34.jpg
右斜め上芝生広場から白山展望地を経ていつものように舗装道路で頂上を目指しました。ポツポツ人にあいますが、さすが寒いのと雪が時折舞うこの日はベンチも人の姿がありませんでした。時折雲が多い暗くなる時もあり気持も急いています。
furutu_35.jpg furutu_36.jpg
百々ヶ峰417.9m(10:54)
林道からトイレ付近は雪が吹き黙っています。頂上までの人登りも両サイドに雪が残っていました。こんな日でも頂上はさすがに多くの方がおられました。

さてここから下山も間違えてしまい初めての道にはいりました。明日のご紹介します。

byニコちゃんでした。わーい(嬉しい顔)

「大蔵山トンネル横登山口」は下記です。

posted by ぐろぶ at 09:30| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 岐阜の山や見所など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。