最近の記事
検索ボックス
 

2010年12月14日

お客様からのお問合せ:スターポケットとステラルスコープの違いを教えてください。

お客様からいただきましたお問い合わせへのお返事の中で、
ホームページに書ききれていない事なども書いていますのでここでご紹介します。

耳お問い合わせ内容:
スターポケットとステラルスコープの違いを教えてください。

ひらめきお返事:

※お問い合わせは、同じ星座早見盤であるスターポケットとステラルスコープについて、
違いがわからないということでございました。




-----------------------------------------------------------

ステラルスコープとスターポケットは、ご指摘の通り、どちらも同じ星座早見盤です。
確認できる星座や星の数も同じです。

-----------------------------------------------------------
一番大きな違いはサイズです。
スターポケットはコンパクトで携帯しやすい小型の筒状、
ステラルスコープも携帯できるものですがスターポケットに比べるとかなり大きいです。

このサイズの違いは、若干の構造の違いも関係があると思います。

●スターポケットはのぞいて中の星座早見盤を確認するのですが、

●ステラルスコープは、望遠鏡のようになっているため、
 本体を伸ばしたり縮めたりして、文字などが見やすいように調整することが出来ます。
 スコープのようにし、またサイズを大きくして、より見やすい星座早見盤になっていると言えます。

その他、同じような機能でも少しずつ違うことがございますので、箇条書きにま
とめてみました。

■スターポケット
・スリムで携帯しやすい小型サイズ
・最大直径3.2cm
・ライトが内蔵 赤色ライトが本体に内蔵されているため、夜間の観測中、ボタンを押せば中の星座早見盤を照らして確認できる。
・コンパスが内蔵 本体に簡易コンパスがついているので、自分の見たい方角がチェックできる。
・緯度経度を決定するチップをすべて本体に格納出来る。→持ち運びに便利!わーい(嬉しい顔)
・小さいことと、コンパスをつけているため、のぞいた時に早見盤が少し暗く感じる。ふらふら

■ステラルスコープ
・大きめでのぞきやすいサイズ
・最大直径6.1cm
・スコープ型で、視力にあわせて見やすく調整可能。
・月日や時間などの表記も、文字が大きく見やすい。
・星座盤が外の光を取り込める構造になっているため、のぞいた時にクリアに見える。わーい(嬉しい顔)
・キーライトがついているので、夜間の観測はキーライトで照らしながら観測する。
 内蔵ライトではないので少し面倒(?)
・緯度経度のチップは本体に格納できない。ふらふら

-----------------------------------------------------------

スターポケット:http://www.grove-eshop.net/optic/sculpture/starpocket.html
ステラルスコープ:http://www.grove-eshop.net/optic/sculpture/stellarscope.html


ご質問などがありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい!
お問い合わせは、info@grove-eshop.net まで!
(@マークは、半角に訂正してくださいね。)
posted by ぐろぶ at 12:42| 岐阜 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | お客様からのQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
現在、クリスマスプレゼントとして、スターポケットかスターライトの購入を検討中なのですが、スターライトの使用感や特徴なども教えていただけませんでしょうか?

2m離れて照射すると、映ったライトのサイズはどの位でしょうか?
屋外で使用する場合、地面に照射する事もあると思うのですが、その場合も正確に見ることができるでしょうか?
・・・などなど気になっております。どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by sato at 2010年12月16日 03:21
sato様

ブログへのコメントありがとうございます。
また、コメント欄を閉じた状態にしておりましたためご返信がとても遅くなってしまって大変申し訳ありません。

すでにクリスマスも過ぎてしまっておりますが、わかる範囲でご案内させていただきます。
スターライトは、壁などに照射してご覧いただくタイプの星座早見盤ですが、映像などを映し出すときのようなイメージとは少し違います。

商品ページに掲載しました画像は、約1mくらいから照射したものです。
2mくらいから照射した時や地面に照射した時など、当店でも試したことがないため詳しくお答えできず申し訳ございません。

現在、当店の製品がすべて売り切れてしまったため確認ができないため、入荷次第、改めてご案内させていただきたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします!
Posted by 店主 at 2011年01月04日 13:38
sato様

ご返事が出来ていなくて大変申し訳ありませんでした!
また、スターライトが欠品しており、申し訳ございません。

既に、遅くなってしまいましたが、内容を確認してみましたので参考までにご報告いたします。

2mくらい離れた場所から照射した場合、横幅が40cm〜45cm程度の楕円に映ります。

屋外で使用する場合、照射する地面がアスファルトなど細かな凹凸があると文字が読みにくくなります。比較的凹凸の少ない壁など、たとえばレンガ調程度の凹凸であれば文字が読めなくなることはないです。

この文字の判別について、3mくらい離れてしまうと照射画面は大きくなりますが焦点が上手く調節できず映像がぼんやりとしてしまいます。

屋内でみんなで楽しむには、気軽に使えてとても楽しいアイテムだと思いますが、
屋外で使用される場合には、スターポケットやステラルスコープなど、万華鏡タイプのもののほうが利用しやすいかもしれません。

他にもご不明な点がありましたら、お気軽におといわせ下さい。
よろしくお願いいたします。
Posted by 店主 at 2011年03月01日 18:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。