最近の記事
検索ボックス
 

2010年05月27日

岐阜市岩田西「美濃新四国八十八箇所お札所 林陽寺と智照院」のご紹介!!

5月27日(木)昨日のニュースで今年は冷夏で農家の方が大変ということ、今日は晴れましたが、気候に揺らぐ人の生活です。わーい(嬉しい顔)

そんかとくか
人間のものさし
うそか
まことか
佛さまの
ものさし   (相田みつを)

※訪ねた「林陽寺の山門」に貼られていました。

5月22日(土)ウォーキング全コース
4時45分出発 長良川リバーサイド右岸(高橋尚子ロード)・・・岐阜公園・・・百曲り登山道・・・頂上・三角点328..6m・・・岐阜城335.8.m・・・鼻高ハイキングコース・・・西山176m・・・日野南登山口・・・諏訪神社・・・舟伏山262m・・・日野北登山口・・・千鳥橋・・・東海自然歩道にて(林陽寺、伊奈乃西神社・日子座命墓、智照院)・・・岐阜バス下芥見 10時54分着
歩行時間 約6時間 35,235歩


NO3
美濃新四国八十八箇所お札所 林陽寺と智照院

東海自然歩道「千鳥橋から下芥見」
くつ9時17分に日野北地区に下山した私はすこしウロウロしましたが無事に「長良川リバーサイド(有料道路)」からでてスピードがでたまま「兎走山トンネル」を抜けてくる車の途切れる隙間を急いで北に移動、千鳥橋に向いました。千鳥橋は工事中でしたが「東海自然歩道」の看板を見つけホッとしました。
100527_1.jpg 100527_2.jpg 100527_3.jpg 100527_4.jpg
兎走山172mにも登りたいのですが調べた時に登山口が自然歩道からはずれ「春日神社」からということだったので今回はパスしました。東海自然歩道はこの兎走山の険しい岩肌を沿って歩きます。川の横から小公園のような広場に出、そこからこの自動車道を小さなトンネルで潜ります。
100527_5.jpg 100527_6.jpg 100527_7.jpg 100527_8.jpg
少し兎走山に沿って歩き大きく左へ曲がります。ここの看板は雑草に隠れそうになっています
100527_9.jpg 100527_10.jpg
そこからは田畑の真ん中を歩き、これからの時期には一番辛いウォーキング。遮るものが何も無く全身太陽に照らされてしまいます。
しばらく自動車道に沿って歩きますが今度は「清水山162m」に突き当たります。有料道路はこの「清水山」を突き抜けています。この山には登山道は無いようです。宮内庁の管轄の神社(明日ご紹介)があるからでしょうか。
清水山の麓を右へ行くとすぐに「林陽寺」です。

美濃新四国お札所第59番 曹洞宗 林陽寺
本尊:東方薬師如来
住所:岐阜市岩田西3-402
かわいい市指定の樹齢150年の枝垂桜のあるお寺。
しだれ桜のイメージが変わってしまいそうなものすごくウワーッとしていました。早い時期に咲き出すようです。来年は是非この枝垂れ桜を見に来なくちゃと思いました。わーい(嬉しい顔)
100527_11.jpg 100527_12.jpg 100527_13.jpg 100527_14.jpg
本殿ではお経のお勤めの最中でした。邪魔にならないよう、こっそり静かに退散しました。
100527_15.jpg 100527_16.jpg 100527_17.jpg 100527_18.jpg 100527_19.jpg 100527_20.jpg
黒ハート入り口には「相田みつを」の詩があり何ともお洒落で、親しみやすい感じのお寺でした。

くつ林陽寺から東へすぐにひろびろとした「伊奈之西神社」「日子坐命墓」があります。ここは宮内庁管轄です。明日ご紹介します。
この神社から東海自然歩道を住宅街に入ることになります。指標が見つかるかなと心配して歩いていくと「智照院・智照院古墳」の看板ありました。
100527_21.jpg 100527_22.jpg 

美濃新四国お札所第72番 曹洞宗 普門山 智照院
住所:岐阜市岩田西3-476
本尊:白衣観世音菩薩
細い道を入ると駐車場があり賑やかに旗がはためいています。
総門はなかなか趣があります。
100527_23.jpg 100527_24.jpg 100527_25.jpg 100527_26.jpg 100527_27.jpg 100527_32.jpg 
本堂には網戸が締めてあったのでお賽銭を投入できないまま「市指定史跡」の石碑にしたがって奥のお墓に向かいました。
智照院古墳(お寺のお墓の一部)
住所:岐阜市岩田西 清水山163m山麓
岩田古墳群のひとつ 径15mの円墳
本片細の横穴式石室を持つ7世紀中頃の円墳。副葬品として出土したのは、須恵器、金環、銀環、鉄器破片などです。
眼鏡お墓の真ん中に網で囲われて古墳がありました。これはもう壊れている古墳といった感じです。円墳であった名残も無く、現代のお墓が所狭しと並び、この古墳がちょっと邪魔にされているような風情でした。
100527_28.jpg 100527_29.jpg 100527_30.jpg 100527_31.jpg 
このお寺さんの墓地拡張工事で本当ならなくなるところだったものを、住職の好意で残ったというようなお話のようです。
現代の亡くなられた方と古く時代を越えた方が、あちらでは一緒に年代を経て仲良くしておられることでしょう。
わーい(嬉しい顔)歴史の跡を保存することと今に生きる人の生活との狭間で「文化財保護」の意味について真剣に考えるためにやはり歩いて目に見て心に感じることは大切な行為であるとつくづく思いました。
100527_33.jpg 100527_34.jpg
くつ東海自然歩道に戻った私はこの先住宅の中にある指標(この看板は個人の敷地内に作ったの?)までは見つけたのですがその後指標を見失いました。通りかかりの方に聞いても「知らない」というご返事だったのですが、もう殆どバス停が近いのでここからはバス亭を目指して歩き、先日降り立った下芥見の歩道橋でバス停着10時54分。
JR岐阜駅までのバスは11時3分です。うまく繋げました。
100527_35.jpg 100527_36.jpg
わーい(嬉しい顔)東海自然歩道を利用すると史跡などが比較的見やすいのにはいつも驚きます。歩かれなくなって久しいとは思いますが確かに当時良く検討された道だと感心します。
私自身は出来る限りこの自然歩道を活用したいと思いました。

byニコちゃんでした。わーい(嬉しい顔)

【本店ショップのご案内】
自然を楽しもう!を合言葉に、普段使いにも便利で楽しいアウトドア雑貨をたくさん掲載しています。ぜひご利用下さい!
(商店名をクリックするとページが開きます)
アウトドア雑貨のOnline Shop grove
アウトドア雑貨のGROVE-eshop.com

※本店2店では多少ラインナップが異なります。お好みでご利用ください。
「美濃新四国お札所第59番 曹洞宗 林陽寺」は下記です。



posted by ぐろぶ at 10:28| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 岐阜の山や見所など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。