最近の記事
検索ボックス
 

2010年03月08日

商売繁盛にご利益「千代保稲荷」のご紹介!!

3月8日(月)週末は2日間とも雨に降られました。わーい(嬉しい顔)
失恋梅祭りなどのお楽しみも大変な雨で出来なかった方が多いのではないでしょうか。

春雨や 蓬をのばす 艸の道 (松尾 芭蕉)
雨が降っても、蓬(よもぎ)を見ても、芭蕉にとっては感じることも多い句材となるのでしょね。
ペン少しでも芭蕉を感じながら雨の街を歩くのもいいものかもしれません。

車(RV)さて先週末はそんなわけで雨の中、車でのドライブとなりました。前から一度行こうと思っていた「輪中」です。雨が降り川も増水して良くないかななどと思いながらでかけました。
岐阜から羽島市まで走り、大藪大橋で道の駅「クレール平田」で一休み。

道の駅・クレール平田
住所:海津市平田町野寺2357番地2
電話:0584-67-3988
訪ねた日:2010年3月6日(土)
本平田町は岐阜県の南西端にあたり、西に養老山脈、揖斐川、長良川に囲まれる「輪中」地帯として豊富な穀倉地帯となっています
雨今日は山も、川も、田畑もすべて霧に覆われています。
10308_1.jpg 10308_2.jpg 10308_3.jpg 10308_4.jpg
駐車場が雨にも負けずいっぱいです。必死になって入庫しました。
なぜこんなに混むのだろうと不思議だったのですが、お野菜の直売とレストランのモーニングのせいかもしれません。
この道の駅には緊急用のヘリポートもあるようですが、なんといっても傘をさしても濡れるような降りだったので、充分見ることは出来ませんでした。
耳クレール平田で「輪中」の情報を得ようと思ったのですが、「輪中」についての情報は無くもっぱら「安八百梅園」のパンフレットが中心でした。この日園遊会が行われているのは知っていましたが、この雨で梅林めぐりは辛いのでやめました。3月14日まで行われているようです。

千代保稲荷
住所:岐阜県海津市平田町三郷1980
TEL:0584-66-2613
訪ねた日:2010年3月6日(土)
本室町時代八幡太郎義家の六男義隆が分家の際に「千代に保て」という言葉とともに「宝剣や画像」を与えられて祀ったことが始まりといわれています。
日本三大稲荷の一つとして近隣の人々から「おちょぼ」として親しまれています。
exclamation×2お正月などは付近一帯に駐車した車から参道に入るのも困難なくらいの賑わいをみせます。また月末の夜には「商売繁盛」の為に参拝されるかたがこの時代でも絶えることがありません。
レストラン魅力の一つの「グルメ」があります。「草もち」「もろこ」「川魚料理店」「串カツ」など目白押しのお店が400mの参道に並びます。
10308_5.jpg 10308_6.jpg
無料駐車場が空いていたのでラッキー!!と駐車。
ー(長音記号2)「お揚げ(ろうそく付)30円」を購入して真っ赤な鳥居から参拝しました。雨でも結構参拝のお客さんがあります。
10308_7.jpg 10308_8.jpg 10308_9.jpg 10308_10.jpg 10308_11.jpg 10308_12.jpg 10308_13.jpg 10308_14.jpg
その後境内をウロウロして「もろこ」を購入しました。
せっかく来たのに朝食をきっちり頂いていたので「草もち」や「串カツ」が食べれずとても残念でした。
黒ハートすこしはご利益があって商売繁盛といきたいものです。今週もがんばりましょう。

byニコちゃんでした。黒ハート

【本店ショップのご案内】
自然を楽しもう!を合言葉に、普段使いにも便利で楽しいアウトドア雑貨をたくさん掲載しています。ぜひご利用下さい!
(商店名をクリックするとページが開きます)
アウトドア雑貨のOnline Shop grove
アウトドア雑貨のGROVE-eshop.com

※本店2店では多少ラインナップが異なります。お好みでご利用ください。
おちょぼさん(千代保稲荷)は下記です。


posted by ぐろぶ at 12:32| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 岐阜の山や見所など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。