最近の記事
検索ボックス
 

2010年03月04日

岐阜の桜の名所 秀吉・出世話「墨俣一夜城」のご紹介!!

3月4日(木)もう気象情報では「菜種梅雨」という表現をしておられます。わーい(嬉しい顔)
小雨3月末ごろの雨に匹敵するのでしょうか。今日もシトシト雨が落ちています。
かわいいさて今日は、桜の名所「墨俣一夜城」のご紹介です。

墨俣一夜城
住所:大垣市墨俣町墨俣1742-1
電話:0584-62-3322
大垣市墨俣歴史資料館入館料:200円
開館時間:9:00から17:00
休館日:月曜日(祝日のとき翌日)と年末年始
訪ねた日:2010年2月27日(土)
本1566年(永禄9年)木下籐吉郎(豊臣秀吉)が一夜にして築いたといわれています。
織田信長は斎藤龍興を抑えて京への美濃路の要所である墨俣に砦を築くつもりでしたが、命を受けた佐久間信盛、柴田勝家などの武将がいずれも築城に失敗しました。1566年(永禄9年)5月木下藤吉郎は誰も引き受けての無い何工事に挑み蜂須賀小六、前野将右衛門などと協力し9月12日から総勢2140人で着手、斎藤軍と戦いながら9月15日に完成、織田信長が入城します。翌10年に稲葉城を攻略する足がかりとなりました。
太閤出世物語はここからはじまるという歴史好きにはたまらない場所です。
exclamationこれらの事実についてはかなり不明な点もありましたが、1977年(昭和52年)に江南市の旧家吉田家の「前野家古文書」のなかから「墨俣一夜城」に関する資料が見つかり全容が明らかになったようです。これらはこの一夜城の歴史資料館で展示されています。
かわいい現在は桜の名所・公園。3月下旬から4月上旬に桜祭り。
10304_1.jpg 10304_2.jpg 10304_3.jpg 10304_4.jpg 10304_5.jpg 10304_6.jpg 10304_7.jpg 10304_8.jpg
くつまず堤防の桜並木を歩いていくと橋の前でお城の形の資料館に出会います。先日岐阜県の高富町でミニ大桑城を見ていた私は、実はそれくらいの大きさを想像していましたので意外な大きさにちょっと驚きました。平野の真ん中川のほとりに立っています。
ビルお城(資料館)は5階建てです。
足1階は墨俣の歴史、2階は墨俣築城之巻、3階立身出世之巻、4階私の一夜城、5階は絶景墨俣。
屋根の上には鯱が勇ましい姿で踊っています。犀川を橋で渡ります。お城の下は桜並木の公園になっています。この日はまだ桜はじっとしたまま、まだまだ1ヶ月ほど先でしょうか。
右斜め上2階の展示室で一夜城の築城から稲葉山城攻めまでの図式など大変面白いものでした。
10304_12.jpg 10304_11.jpg
右斜め上3階は秀吉となり出世する藤吉郎の波乱万丈の人生が見るものに迫ってきます。
右斜め上4階では直木賞作家豊田譲さんや俳優の竹中直人さんらのお話が展示されていました。
壁に並ぶ小学校からの皆さんの見事な俳句に思わず感心してしまいました。大垣が松尾芭蕉ゆかりの地であるためこの墨俣でも俳句の投稿箱も用意されています。
ベンチに腰掛けて詠んでみようと思いましたが、残念ながら才能不足で諦めました。
10304_9.jpg 10304_10.jpg
右斜め上5階は360度の景色です。ガラス越に金華山、伊吹山、墨俣の町並みが見渡せます。
フリーダイヤル平野の真ん中に立つので広々として気持のいいながめです。3月末から桜並木に花が咲いたらおそらくユートピア、もしくは極楽浄土の風情になるのではないでしょうか。
10304_13.jpg 10304_14.jpg 10304_15.jpg 10304_16.jpg
不便だと敬遠していたこの「墨俣一夜城」も岐阜バスで簡単にアクセスできることがわかりまた是非桜のシーズンに訪れてみたいと思いました。

byニコちゃんでした。わーい(嬉しい顔)

【本店ショップのご案内】
自然を楽しもう!を合言葉に、普段使いにも便利で楽しいアウトドア雑貨をたくさん掲載しています。ぜひご利用下さい!
(商店名をクリックするとページが開きます)
アウトドア雑貨のOnline Shop grove
アウトドア雑貨のGROVE-eshop.com

※本店2店では多少ラインナップが異なります。お好みでご利用ください。
墨俣一夜城は下記です。



posted by ぐろぶ at 11:53| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 岐阜の山や見所など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。