最近の記事
検索ボックス
 

2010年01月08日

日本三景・安芸の宮島おいしいもの屋「牡蠣屋」「紅葉饅頭・吉川七浦堂」のご紹介!!

1月8日(金)あっという間に一週間が過ぎてしまいました。わーい(嬉しい顔)
ー(長音記号2)今日は「初薬師」、各地で【薬師如来】をお祭りしているお寺では賑やかなお薬師の行事が行われることでしょう。この1月は「初弘法」など行事万載で、1年を祝います。
ふらふら東京の派遣村から移動した施設で亡くなられた方がいたというニュースを耳にしましたが、早くこんな「派遣村」など無くなって皆さんに心地よく働ける職場が出来ることを願ってやみません。

さて今日は宮島名物「牡蠣」と「紅葉饅頭」のご紹介です。
黒ハート「牡蠣」については好き嫌いが結構あるとおもいますが、各地の漁港で漁獲に努力し、ある程度「美味しい食材」としての地位を築いているようです。私は貝類が大変好きで、「牡蠣」は名古屋の「山本屋本店」で頂く「牡蠣入り味噌煮込みうどん」が一番の好物です。(でも大変お高い!!)
スーパーで購入する牡蠣は火を通すと小さくなって味も素っ気も無くなってしまい日ごろとても悔しがっているところです。
黒ハート「紅葉饅頭」はお土産で本場のものを頂いたことはありますが、スーパーなどでも売っています。和菓子コーナーの中では比較的お高い感じで、購入してまで食べようとは思いませんでした。広島・宮島ではこれは本場、食べなくてはいけないということで購入しました。

牡蠣屋
住所:広島県廿日市市宮島町539
電話:0829-44-2747
営業時間:11:00から18:00
訪ねた日:2009年12月30日(木)
レストラン大変お洒落なお店です。
この日は朝ホテルをチェックアウトし、荷物だけ預け、弥山に散策にでかけました。思ったより時間がかかって、下に着いたのはお昼時間にかかるくらいでした。これからまたドライブが始まるけれど少し小腹を満たそうと、丁度ホテルの前あたりのこのお店に惹かれてはいりました。
exclamation店頭でにじり鉢巻風情の力強そうな男性が焼き牡蠣を焼いておられたのです。ガラスの向こうで牡蠣の殻がパチ!パチ!とはね男性が「おっ」とか言いながら焼いておられました。
フリーダイヤル時々つい見とれて近づく観光客に危ないのでガラスの向こうに並ぶよう注意したり、メニューを言ってくる店員さんの紙に目をやって牡蠣を選んだり大変忙しい奮闘振りでした。
010108_1.jpg 010108_2.jpg 010108_3.jpg 010108_4.jpg
レストランこの方をすぐそばで見るカウンターで「4個1000円の焼き牡蠣」を頂きました。
exclamation×2美味しいとしかいいようがありませんが、すぐに無くなってしまいました。残念。
店内の奥にはテーブル席などあり各種牡蠣料理メニューがずらりと並びますが時間の都合でここまで。
本縄文時代から牡蠣を食していたといわれるこの地域では、対岸の湾に太田川から流れ込む水質を保全するために太田川流域の間伐や植林に力を入れて牡蠣のおいしさを保つ工夫もされているようで頭が下がります。一夜漬けではおいしいものは頂けないという見本です。
本ちなみに「牡蠣」の広辞苑での表記は下記です。
牡蠣:イタボガキ科の二枚貝の総称。
貝殻は形がやや不規則で、左殻で海中の岩石や杭などに付着。肉は栄養に富み、美味。各種が全国に分布し、また各地でマガキを中心に養殖され、宮城県・広島県が有名。ほかにスミノエガキ・イアボガキなどがある。貝殻から貝灰を作る。
牡蠣の栄養素:三大栄養素(たんぱく質・脂肪・炭水化物)ミネラル(亜鉛・カルシウム・ナトリウム・リン・鉄分)ビタミン(A・カロチン・B1・B2・c)など網羅しています。
貝灰:漆喰・肥料・こんにゃく、または砂糖の製造などに用いられます。

紅葉饅頭・吉川七浦堂
住所:広島県廿日市市宮島町541-12
電話:082-739-0500
訪ねた日:2009年12月30日(木)
ファーストフード牡蠣を食べホテルで荷物を受け取る前にちょっとお買い物したお店です。
010108_5.jpg 010108_6.jpg
黒ハート創業から90年近い年月がたつちょっと風格があるこじんまりしたお店でした。
とにかくこの参道には20件ほどの紅葉饅頭のおみせがありそれぞれ工夫をこらしおいしさに挑戦している激戦職材です。1つから購入できるため焼きたてを食べ歩きする観光客もありますが、後からお腹が満腹になりきっと苦しむのでしょう。口当たりが良く甘みも控えめで、いくつも食べられますが、なんといっても餡が入っているからお腹持ちはいいのです。
本この「紅葉饅頭」は1906年(明治39年)宮島の和菓子職人・高津常助によって考案され登録商標をしています。「七つの切れ込みのある葉に短い葉柄がついたもの」ということでその後紆余曲折して今の形になった様です。紅葉谷公園という名勝にちなみ老舗旅館「岩惣」(伊藤博文、ヘレンケラーも宿泊したらしい)の依頼で名物饅頭誕生ということになったようです。
黒ハート本場の紅葉饅頭に出会い嬉しいひと時でした。
010108_7.jpg 010108_8.jpg

byニコちゃんでした。わーい(嬉しい顔)

【本店ショップのご案内】
自然を楽しもう!を合言葉に、普段使いにも便利で楽しいアウトドア雑貨をたくさん掲載しています。ぜひご利用下さい!
(商店名をクリックするとページが開きます)
アウトドア雑貨のOnline Shop grove
アウトドア雑貨のGROVE-eshop.com

※本店2店では多少ラインナップが異なります。お好みでご利用ください。
牡蠣屋は下記です。

posted by ぐろぶ at 11:04| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書とか、グルメの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。