最近の記事
検索ボックス
 

2009年04月21日

京都・水火天満宮のご紹介!!

4月21日(火)今日は雨がしとしと降っています。わーい(嬉しい顔)
かわいいさて今更、桜というのも気が引けますが、来年のお花見にどうぞお尋ね下さい。下記ご紹介です。

水火天満宮
住所:京都市上京区堀川通り寺之内上る扇町 2二丁目
訪ねた日:2009年4月12日
この日偶然前を通りかかりあまりにきれいに咲いている桜にひかれふらふらと寄ってしまいました。
かわいい境内は桜が満開でした。なにやら皆さん椅子やお座布団の用意をされていました。
ここは、菅原道真を祭る神社で、火事や水難の守り神でした。
有名な「登天石」のある神社だったのです。
水害・火災を鎮めるために醍醐天皇の勅願によって建てられました。
鴨川の大水のとき道真の神霊が降りて雷雨がやんでこの石が「登天石」といわれています。
また隣に祭られた「玉子石」は5ヶ月目に拝むと安産できる安産の石。
そして目に効く「金龍水」など狭い境内に盛りだくさんの神社です。
フリーダイヤル菅原道真を祭る神社は大変多く見かけます。藤原時平によって不慮の人生を歩くことになる道真がすべてにおいてその後の人々に大きな脅威を与え、その怨霊を押さえることに一生懸命取り組む様がこうして時空を超え現代にまで届いています。
ここにある「登天石」は、菅原道真の不幸や悲運の人生の伝説とともに大変有名です。
exclamation隕石という説もありますが、見た感じは全く異なると思います。それにしてもこの石の上に菅原道真が立って、雷雨や洪水を鎮めたなんて、想像できるでしょうか?
exclamation×2想像して過去の歴史を楽しむなんて、この日の晴れ渡る満開の神社ではちょっと困難な雰囲気でした。
るんるん特にこの日は老人会だかのイベントで満開の桜のしたにビニールシートをしいて準備に余念のない地元の方々が、元気で楽しげに笑い声も上がっていて、春爛漫でした。
090421.jpg 090421_1.jpg 090421_7.jpg 090421_2.jpg 090421_3.jpg 090421_4.jpg 090421_5.jpg 090421_6.jpg
ー(長音記号2)「楽しい雰囲気」といっても実はこのイベント帰りに通ったら「一人暮らしのお年寄りを励ます」イベントでした。幕にそう書かれていました。
がく〜(落胆した顔)そうなんだ「一人暮らしの方を励まさないといけない」そういった寂しい社会になったんだ、とそれでまた感心した次第でした。
わーい(嬉しい顔)菅原道真公の神社でイベントを行えば、「頭脳」のおとろえは確かに免れるかな、しかしお参りしている私は一向に効果はでていませんが・・・・・。
くつそんなことを思いながらひょいと鳥居をでたら広大な広々とした、何にも無い「天神公園」とやらにでてしまいました。

byニコちゃんでした。わーい(嬉しい顔)

【本店ショップのご案内】
自然を楽しもう!を合言葉に、普段使いにも便利で楽しいアウトドア雑貨をたくさん掲載しています。ぜひご利用下さい!
(商店名をクリックするとページが開きます)
アウトドア雑貨のOnline Shop grove
アウトドア雑貨のGROVE-eshop.com

※本店2店では多少ラインナップが異なります。お好みでご利用ください。
水火天満宮は下記です。

posted by ぐろぶ at 10:02| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 桜お花見スポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。